おいしい鯛めしを鯛のアラで作ってみよう!

鯛と言えば関西での定番料理はお造り。でも、いくら美味しい鯛でもそれだけでは少々飽きがきてしまいます。たまには違うものを?という時におすすめなのが鯛アラとめんつゆで作るお手軽鯛めしです。

 

鯛のアラは安価で購入出来る上、頬のお肉は締まっていて大変美味。ぜひ一度お試しを!

 

 

鯛めし(4人分)

  • 鯛アラ…1パック分
  • お米…400g
  • めんつゆ…大さじ4杯
  • しょうが…小1個
  • もみ海苔…適量(きざみ海苔でも可)

鯛アラをよく水洗いし、鱗や血ノリを洗い落とします。(鱗がついている場合、包丁の背で落とします。)お米を研ぎ、ザルにとってしっかりと水切りをして1時間置いておきます。炊飯ジャーにお米と、少なめに水を入れ、めんつゆを入れてよく混ぜます。

 

炊飯の直前に、頭は包丁で二つに割ってお米の上へ配置。アラが水に浸り、骨からダシが出るようにお水を適量足して調整した上で炊飯スタート。炊き上がりを待ってアラを取り出し、身をこそげ落としてご飯によく混ぜ合わせてください。

 

 

食べる直前にしょうがの搾り汁少々ともみ海苔を散らして熱々をどうぞ!