骨付き肉のビーフシチュー

我が家でお客様をおもてなしするとき、よく作るのがビーフシチューです。作るようになったきっかけは、昔友人が来たときに、おもてなしメニューをどうしていいかわからず、焦りまくった結果出したビーフシチューが好評だったので、それ以後

 

 

頻繁に作るようになりました。


このメニューは相手を選ばず、ご年配の方も小さな子供も柔らかく煮込めば皆が食べられますし、人数の増減があっても調節が利いて見栄えもするし、お酒にも合います。特にこだわりの作り方というのはありません。

 

むしろ、お客様がいらっしゃるときは、家の掃除やら他の料理の準備、お迎えに駅まで行ったりと、何かとすることが多いので、基本的には圧力鍋にお任せしています。ただ、油っぽいと食べにくいという方もいらっしゃるので、

 

 

余分な脂身はいつも丁寧に取るようにしています。


あとはその時の来客に合わせて、野菜を多めにしたり、赤ワインを多めに入れたり、スパイスをきかせたり、ボリューム感を出したい時は骨付きの肉を使ったりして微調整しています。