我が家のアイデア料理記事一覧

お正月のお餅を如何に完食するか?お正月に食べるためにお餅を年末に買いますが、毎年必ず余ってしまい結局焼いてお醤油につけて食べていましたが他にいい食べ方はないかなと考えてできたのが、お餅をベーコンで巻いて焼くというものです。切り餅1個を一人前にして作るので、我が家では主人と私の分で切り餅を2個使います。切り餅を縦に3等分に切り、半分に切ったベーコンをお餅に巻いて爪楊枝で留め、フライパンで焼きます。そ...

魚が絶品、親しみやすい雰囲気のお寿司屋さん!富山県射水市大門の庄川の側にある花月寿司は朱赤色のカウンターが美しいお寿司やさんです。奥や2階には宴会場や個室もあり、夫婦で行く時はカウンター、家族や接待で利用する時には個室を頼みます。とても美味しいし、高級な見た目の割に良心的価格だと噂を聞き食べにいくようになりました。家族経営されていて、大将の明るく上手な会話、お母さんの優しい人柄、癒し系な奥さんの対...

阪急のデパ地下がお気に入り月に一回ぐらい母と梅田や京都へ出た時には必ずデパ地下に寄りますが、最初に行った梅田の阪急のデパ地下が一番のお気に入りのようです。デパ地下の食材は安くて品質も良いと言う話をテレビなどで仕入れているからだと思うのですが母はデパ地下が大好きです。ただ持ち帰る時間を考えて肉や魚などの生物は出来るだけ買わないようにはしていますし、幾ら良いものだと言われてもやはり近くのスーパーよりは...

普段の家族向け料理と違って、ホームパーティーでは量をこなさなければなりません。簡単に美味しく、を第一に考えると、トマトはとても便利な食材です。何にでも合いますし、特にホームパーティーのオードブルでは赤い色合いも手伝って、盛り付け次第では、パーティーに花を添えます。私がよく作ってゲストに評判が良いのはトマトとアボガドのサラダです。トマトの上部を水平に切り、中を切り抜き、ドレッシングで和えたトマトサラ...

海外で暮らしているので、普段豆腐が食べたい時は日本食料品店へ行き豆腐を購入しています。でも、日本のように価格が安くはない上に、日本食料品店は自宅から離れた場所にある為、ひよこ豆を利用した手作り豆腐を月に一度程度の割合で作り、楽しんでいます。ひよこ豆は大豆と違いでんぷん質の多い豆らしく、固める時にはにがりはいりません。そのため、にがりを入手することが困難な地域で生活している我が家にはぴったりなんです...

とにかく餃子好きな私。その中でも一押しなのが、新橋や品川にお店を構える「一味玲玲」です。一品料理も何を食べてもハズレがないのですが、餃子人気店だけあってそのメニューの多さに驚かされます。定番をはじめ、トマト餃子やレモン餃子、冬は季節の牡蠣餃子などが楽しめますが、ここまではよくある話。驚くことに、餃子メニュー全てにおいて「焼餃子」」水餃子」「蒸餃子」の調理法が選べてしまうのです!なんとも嬉しいサービ...

昔、私の実家はお肉屋さんで、お店では宴会ができる広間があり、そこではすき焼きをメインに料理を提供していました。すき焼きの割り下といえば、酒、醤油、砂糖が基本だと思いますが、我が家のすき焼きの割り下にはそこに味噌が入ります。私の実家は長野にあるので信州味噌を使っていました。味噌の風味が効いていてとても美味しいですよ。長野ならではの作り方かはわからないのですが、実家では数十年も前からこの作り方で割り下...

ブロッコリーと肉の炒め物をよく作ります。ブロッコリーは一口大にして、茎を先にいれてから次に葉の部分を入れてさっとゆでます。この時には栄養分が流れ出ないように注意します。次に、肉を用意します。豚肉が多いですが牛肉でもおいしくできます。肉を一口大に切り塩こしょうをふっておきます。そのあと、調味料を準備します。醤油大匙1、みりん少々、酒少々、砂糖少々で野菜や肉の量に合わせて適宜調節します。次に、生姜のス...

私の居住する地方の郷土料理であるサバタケ汁をご紹介します。用意する材料はシンプルでタケノコ・サバ缶・味噌・出汁(調味料)で作ることができますまずタケノコ採りです。採取するのはネマガリタケと呼ばれるタケノコで親指位の太さで長さ20〜30cmのものを採ります。時期は我が家では大体6月上旬の雨上がりです。採取したタケノコの皮をむきます。タケノコを縦に割くように切り込みを入れてから皮をむきます。このとき深...

私は一人暮らしで自炊をしているのですが、いつもいつもごはんもおかずも作っていたら大変です。かと言って、毎日お惣菜を買い続けたりするのも経済的に負担がかかる。毎日外食なんてもってのほかです。そこで簡単でもご飯がすすむような常備菜があると、とっても便利です。我が家ではだいたいいつも作り置きしているのが、キャベツと昆布をあえたものです。一人暮らしなので、キャベツを買っても使い切れない。どうしたものかと悩...

我が家でお客様をおもてなしするとき、よく作るのがビーフシチューです。作るようになったきっかけは、昔友人が来たときに、おもてなしメニューをどうしていいかわからず、焦りまくった結果出したビーフシチューが好評だったので、それ以後頻繁に作るようになりました。このメニューは相手を選ばず、ご年配の方も小さな子供も柔らかく煮込めば皆が食べられますし、人数の増減があっても調節が利いて見栄えもするし、お酒にも合いま...

我が家の常備菜、よく作るレシピは5種類ほどです。今は本などたくさん出ているので『これいいな』と感じたらすぐに作ってみたりしますが、その中でも定番としてよく作るのはやっぱり時短で簡単、日持ちするものだったりします。特に家族にも評判なのは『鶏胸肉の南蛮漬け』です。レシピはとっても簡単です。とり胸肉を食べやすいサイズに切り小麦粉をまぶしたらゴマ油で焦げ目がつくまで焼きます。だし汁・砂糖・お酢・ゴマ油を適...

秋になると、あちこちから柿をたくさんいただきます。柿は大好きで秋になると家族で毎日ばくばく食べます。ですが、本当にたくさんいただくので、さすがに飽きてしまいますし、食べきれなくなってきます。そこで我が家では毎年、柿を乾燥させて、また食べられるように加工するのです。やり方はとても簡単で柿の種を除き、薄くスライスして数日、日当たりのいいところに置いて干しておくだけで完成します。急いで作りたいときは、オ...

我が家のオリジナルレシピは、蒸し野菜と蒸し鶏のドレッシング添えです。我が家は夫婦ともに太りやすい体質の為、ダイエットのため低カロリーでかつ栄養のあるおいしいレシピ、ということで、友達から教えてもらった蒸し野菜に蒸し鶏を足してワンプレートにしました。作り方はカンタンで、フライパンもしくはお鍋に塩とお酒をふった鶏胸肉&お好みの野菜(おすすめはブロッコリー・にんじん・玉ねぎ・じゃがいも・しめじなど)をい...

ご飯にも合い、お酒のつまみにもピッタリの厚揚げの塩麹照り焼きを紹介します。はじめに、塩麹(大さじ1)砂糖( 大さじ1)めんつゆ…3倍濃縮のもの( 大さじ1/2)をまぜ合わせ、塩麹照り焼き用のたれを作ります。照りをもっと出すために、みりんを大さじ1杯加えても構いません。もちろん、好みによってお酒や少量の砂糖を加えてもいいと思います。フライパンに油を敷いて、十分に熱します。厚揚げをお好みの大きさに切っ...

我が家のカリフラワーを使用した料理のオリジナルレシピは「カリフラワーとブロッコリーのガーリックソテー」です。材料費はブロッコリーとカリフラワー半株ずつくらい使う量で大体250円〜300円くらい。作り方は簡単で、まずブロッコリーとカリフラワーを茎から切り分け、適当な大きさにしたら後から炒めるので柔らかくなりすぎないように鍋で軽く茹でておきます。そしたらにんにくをスライスもしくはお好みでみじん切りして...